MENU

薄毛に悩む男性を助けるAGA治療薬の特長

白髪生え際

AGA専門のクリニックでの治療は、投薬治療が中心になります。一般的な薄毛のケアは、育毛剤など頭皮に直接働きかけるものが主流ですが、AGAは男性ホルモンが原因なので外側からアプローチするだけでは改善できません。そのため必ず投薬治療が行われるのですが、どのような薬を使うのか見てみましょう。

 

1.プロペシア

 

プロペシアは、AGAの投薬治療ではほとんどの人に処方される薬です。世界的にもその効果が認められているプロペシアは、数年前にやっと日本でも薬として認められました。認可が下りてからは、プロペシアを配合した育毛剤もいろいろ販売されていますから、名前を目にしたことがある方も多いでしょう。

 

プロペシアには、ジヒドロテストステロンによる抜け毛を抑えて、薄毛を改善する効果があります。AGA治療薬の中では、もっとも高額な費用がかかりますが、その分確実な効果が期待できるのがプロペシアの特長です。

 

2.ロゲイン

 

プロペシアと同じく、AGA治療に効果があるとされているのがロゲインです。脱毛を抑制するのがプロペシアの最大の効果ですが、ロゲインは発毛を促進する効果によってAGAを改善していきます。ロゲインの有効成分は、血管を拡張して血流を促進する働きを持つミノキシジルです。

 

このミノキシジルを摂取して血行が促進されると、毛乳頭細胞や髪に必要な栄養がたっぷり行き渡るので活動を活性化できます。毛乳頭細胞の分裂が活発になると、髪の成長が促されるので成長サイクルを正常化する効果につながります。

 

費用はプロペシアよりもリーズナブルですが、AGAの場合はロゲインだけ使っても効果がないので、プロペシアと併用するのが基本です。

 

3.ジェネリック薬品

 

プロペシアやロゲインはAGA治療に欠かせない薬ですが、ネックとなるのが料金です。どちらも決して安いとは言えませんし、しかも併用する方が効果も高いため、高額な薬代が必要になります。

 

そんな問題を解決してくれるのが、フィンペシアやフィナロ、エフペシアなどのジェネリック薬品です。どの薬も、プロペシアの1/3程度の価格になるという特長があるので、継続治療が必要なAGAにとっては助かる薬と言えるでしょう。

 

ただし、ジェネリック薬品はどこの専門クリニックでも扱っているというわけではなく、利用したい方は事前に確認しておかなくてはいけません。

 

このようにAGA治療薬にはそれぞれに特長がありますが、どの薬もAGAへの効果が認められているものなので、正しく服用して1日でも早く改善しましょう。

M字ハゲなら育毛剤!生え際や前髪の抜け毛用の育毛剤を検証

M字ハゲ

M字ハゲは放っておくと大抵の場合いずれ全体へと広がります。育毛剤の助けを得ていち早く対応するならそれを避けられます。

 

1.M字ハゲ原因

 

M字ハゲとは、前頭部の髪の生え際が後退してMの字の形に見えるハゲのことです。前頭部の毛の生え際に起こるこのM字ハゲはつい最近まで男性にのみ起こるとされていましたが、最近では女性にも起きることが分かっています。

 

最大の原因は男性ホルモンだと言われています。前頭部の血行不良のせいで栄養分や酸素が円滑に伝達されなくなって育毛環境が悪くなることも原因のようです。

 

遺伝も大きな要因となっています。いずれの理由にせよ、自分はもうハゲの運命から逃れられないと考えてあきらめないでください。

 

実際のところ、M字ハゲは抜け毛の初期段階である場合が大半で対策すべき個所が明確ですので、育毛剤を使用して集中的に手を打つことができるのです。薄毛が頭全体に広がってしまうとかなりの時間と費用がかかりますので、手遅れになる前に行動を起こしましょう。

 

2.M字ハゲ対策

 

育毛剤を使ってどのように対策を行なっていけばよいのでしょうか。有効なのは、血行促進作用や育毛効果、そして脱毛予防などの成分が配合されているごく一般的な医療部外品の育毛剤です。

 

血行促進効果のあるセンブリエキスやセファランチンが含まれる育毛剤、AGAによる薄毛症状の改善に優れた効果を持つイソフラボンといった成分が含まれる育毛剤が特に有効です。

 

後頭部の場合は自分で見ることができないので処置しにくいのですが、前髪や生え際の場合は自分で鏡を見ながら処置できるので助かります。髪の毛が抜けてきているM字部分に直接育毛剤を浸透させましょう。

 

洗髪してドライヤーで乾かしてから、指定されている量の育毛剤を患部に塗り、その後1分ほど頭皮を軽く押したり揉んだりしてマッサージするだけです。

 

普通の薄毛と同様、M字ハゲもおでこが大きく後退してしまう前に早めの対策を取るほうが、それだけ髪復活への道のりが容易になります。生え際が気になり始めたらすぐに育毛剤でハゲへの流れを断ち切りましょう。

 

3.外科手術や人工の毛を使った対策

 

M字ハゲ対策の番外編としまして、ここでは植毛と増毛についてご紹介します。

 

植毛については外科手術になり、日帰りでの手術を受けることになります。ただし、一度受ければ移植した毛は半永久的に生え続けるというメリットを手に出来ます。植毛費用が高額になることは知られていますが、長い目で見れば決して高すぎるということではないかと思われます。

 

逆に増毛の場合は外科手術ではありません。痛くもないです。自分の髪の毛に人工の髪の毛を結び付けて増やす方法を増毛と呼びます。M字ハゲの場合はシートに人工毛を貼り付けているシート増毛が向いています。

 

生まれつきのオデコが広いってことで女性の人でも植毛を受けて生え際の毛を増やす人は多いようです。最近ではヘアタトゥーという方法もM字ハゲ対策に活用されているようですね。これからいろいろな方法が増えていくことでしょう。育毛剤でのM字ハゲ治療に限界を感じているのであれば、増毛もしくは植毛といった技術に頼ってみるのも一つの方法です。

育毛剤の薬用と医薬部外品の違いは?育毛剤が安心できる理由

育毛剤

育毛剤には薬用と医薬部外品がありますが、その違いは何でしょうか。どちらが安全だとか、どちらのほうが効くのかなど、気になるものです。

 

1.薬用と医薬部外品の違い

 

臨床試験を経て病気治療や改善効果が国によって認められていて、配合成分や使い方などが厳しく定められているのが薬用です。効果があると認められる成分は入っているけれど、それを使用することによる効果は保障されていないというのが医療部外品です。

 

薬用は処方箋が必要であるとか薬局でしか買えないといった販売上の制限があるのに対し、医薬部外品はネットやスーパーなどどこでも誰でも簡単に購入することができます。

 

また、薬用育毛剤が直接的に作用するのに対し、医薬部外品育毛剤は間接的に頭皮や細胞に働きかけます。薬用は国のかなり厳しい審査を受けていて育毛効果がある様々な成分を配合されていますので、医薬部外品より治る率が高いといえます。

 

医薬部外品は予防という面に重点が置かれていますので、配合されている成分は体に優しい天然成分などが多く、その効果は緩やかです。

 

2.安心できる理由

 

薬用育毛剤はほんのわずかで、大半の育毛剤は医療部外品です。医療部外品の育毛剤は低刺激の成分で構成されていますので、安全性が高く、副作用の心配も少ないと言えます。

 

なにより、指示通りに正しく使用すれば、副作用を不安視する必要は全くありません。それでも、万が一副作用が起きたときの対処方法を理解していれば、大きなトラブルや事故につながる心配はまずないでしょう。

 

万全の安心が欲しい方は、頭皮への刺激も少なく炎症も起こりにくい、天然成分配合で無添加の育毛剤を選ぶことです。

 

育毛剤を選ぶにあたっては、知名度や口コミだけで判断ぜず、自分自身で配合成分を十分に確認してから購入するなら、一緒に安心も手に入れることができるでしょう。

 

薬用育毛剤も安心ですが、医療部外品に該当する育毛剤はさらに安心です。安心な育毛剤を使用上の注意に従って扱うことで、安全性は絶対的なレベルまで上がりますよ。