学生がキャッシングすると就職に影響するのか?

  • 学生が即日でキャッシングするのって、危なくない?
  • 就活中なんだけど、キャッシングすると就職に悪影響がでるの?
  • 親の承諾がなくてもキャッシングって可能なの?

 

就活している学生

 

大学4年間の間に、色々な事情でキャッシングを利用する人は沢山います。

 

そして、3回生の秋くらいになると就活をスタートする人が多いわけですが、その時になって「過去のキャッシング歴」が就活に影響するのではないか?

 

そんな心配をし始める人が多いようです。

 

実際に、今現在もキャッシングの返済残高が残っている人だと、就活に集中できなかったり、就職希望の会社に借金がバレるのではないかとか、心配事が次から次に出てきてしまう人も多いようです。

 

大学生の授業風景

 

まして、そのキャッシングの理由が「学費や教科書代」といったものではなく、生活費(パチスロ代)などの場合は、後ろめたい気持ちを持ってしまうのも致し方ないでしょう。

 

  • 借金があることがバレないのか?
  • この面接官は僕が借金していることを知っているのか?
  • 内定が出た後に調べられて、内定取り消しとかならないのかな?

 

就活の面接中に余計な心配をしてしまっては、自己アピールにも陰りが出てしまうことでしょう。

 

この記事では、学生がキャッシングすることによる就職への影響について詳しく解説しています。

 

また、学生の人がキャッシングして失敗した実例や上手に活用した人の実例もご紹介しています。

 

学生がキャッシングすると就活に影響するのではないか?

 

頭を抱える学生

 

もしもあなたが、学生がキャッシングすると就職に影響するのではないかと心配されているのであれば、今すぐこの記事を読み進めて下さい。

 

知らないことは不安となり、その不安は知らないままだと膨れるばかりです。

 

一度、学生がキャッシングすることについて基本的な知識をインプットしておきましょう。

 

 

学生でも即日キャッシングが可能となる条件とは?

 

即日キャッシングが可能な会社を選ぶ

 

学生が即日でキャッシングをしたいとなったとき、まず最初に必要な条件が「即日キャッシングが可能な会社かどうか」ということが挙げられます。

 

例えば、銀行カードローンの場合、2020年現在では即日融資は出来ない状態になっています。

 

以前は銀行カードローンでも即日キャッシングが可能でしたが、現在は過剰な貸し付けが問題となっており、銀行側が自粛している状態です。

 

また、反社会勢力への貸し付けを防ぐために、暴力団関係者の情報が蓄積された警察庁データベースの照会が審査の際に行われるようになりました。

 

この警察庁データベースを照会するには、最低でも翌日、長い場合は2週間ほどの期間を要します。

 

そのため、銀行カードローンの即日キャッシングは事実上不可能となってしまいました。

 

現在、学生でも即日キャッシングが可能なのは「消費者金融」と呼ばれる貸金業者となります。

 

有名どころだと「プロミス」や「アイフル」、「SMBCモビット」などが有名です。

 

学生でも条件を満たせば、即日キャッシングが可能となっています。

 

プロミス
  • 実質年率:4.5〜17.8%
  • 限度額:1〜500万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資スピード:最短1時間
  • 収入証明書:不要

初回借り入れの人でメアドとウェブ明細の登録が完了すれば「最大30日間無利息サービス」が受けられます。学生でもアルバイトをして収入があれば審査を受ける事が可能です!即日キャッシングも条件を満たせば可能となります。

 

SMBCモビット
  • 実質年率:3.0〜18.0%
  • 限度額:1〜800万円
  • 審査時間:最短30分(曜日時間帯により翌日以降になる場合あり)
  • 融資スピード:当日融資(曜日時間帯により翌日以降になる場合あり)
  • 収入証明書:不要

主婦や学生でも一定の収入があれば審査を受けられます。審査に通れば即日キャッシングも可能となっています。

 

アイフル
  • 実質年率:3.0〜18.0%
  • 限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資スピード:最短1時間
  • 収入証明書:不要

初めて利用の方は学生さんでも契約翌日から30日間の無利息サービスが受けられます。学生への即日キャッシングも可能となっています。

 

学生が即日キャッシングする為の条件とは?

 

学生が即日・後日を問わず、キャッシングを希望する場合には以下の条件が絶対に必要となります。

 

  • 20才以上である
  • 安定した収入がある

 

未成年者の場合には消費者金融からのキャッシングは独断で行うことが出来なくなっています。

 

消費者金融は満20才以上でないと貸し付けを行ってくれませんので、仮に親の同意書があったとしても不可能です。

 

民法によって未成年者の契約行為は禁止されており、仮に契約をした後に親権者から取り消しの申し出があれば無効となってしまいます。

 

つまり、消費者金融は貸し倒れとなってしまうため、未成年者への貸し付けは行われていません。

 

逆に、満20歳を超えて成人していれば、親の同意なくキャッシングに申し込むことが可能です。

 

また、安定した収入については、学生であればアルバイトをしていることが条件となります。

 

親からの仕送りが安定して貰える状態だったとしても、それはキャッシングの条件として満たされません。

 

即日キャッシングするためには、審査対象時間内に申込と審査を終えておく必要があります。

 

大手のキャッシング会社であれば、審査時間は21時までになっている場合が多いです。

 

可能であれば、AM中にWEBで審査の申し込みを行い、必要書類をスマホ上から送信する、審査に通れば即日で振込が完了となります。

 

他にも、無人契約機に足を運んで、そこで必要書類の提出、ATM機から現金を引き出すという方法もあります。

 

いずれにしても、電話や郵送で審査の申し込みをするのは時間的なロスが大きく、即日キャッシングには不向きとなります。

 

そのため、まずはネット上の公式HPからWEB申込を済ませて、そのあとWEB上で審査を進めるか、無人契約機で進めるか、あなたの都合が良い方法を選んでいくのがスマートなキャッシング方法となります。

 

学生が初回で借りれる限度額の平均は?

 

結論としては、10万円前後が相場となっています。

 

以下でご紹介する審査に通りやすいポイントを多く満たしている場合には、限度額が20万円など挙げてもらえるケースもあるようです。

 

学生がキャッシングの審査に通る為のポイントとは?

 

学生がキャッシングの審査に通りやすくなるポイントについてご紹介します。

 

  1. 実家暮らしである
  2. アルバイトの勤続年数が1年を超えている
  3. 過去に金融事故を起こしていない
  4. 他社借入が無い
  5. 大学4回生で就職先が内定している

 

一人暮らしよりも、実家暮らしの学生さんのほうが審査のポイントは高い傾向にあります。

 

実家暮らしであれば家賃負担がない分、返済能力が高いとみなされるわけです。

 

他にも、アルバイトは働き始めたばかりの人よりも、1年以上勤務を続けているほうが先も継続して安定収入があるとみなされます。

 

学生に限った話ではありませんが、キャッシングの審査の際には必ず信用情報機関に個人の金融情報を問い合わせます。

 

過去に貸し倒れや延滞、滞納などの事実があれば、審査には圧倒的に不利となってしまいます。

 

また、学生の場合には「留年」をしている等の生活態度も審査の対象とされる場合があります。

 

あと、一人暮らしの学生さんなどは家賃を滞納したり、携帯代金を滞納したり、そういったことを日常的に繰り返している人もおられるでしょう。

 

そういった情報も信用情報機関で保持されている場合があり、審査でマイナスポイントとして評価されてしまいます。

 

学生がキャッシングすると就職活動に悪影響が出るのか?

 

結論として、就職活動でキャッシングをした履歴が不利になることは考えられません。

 

というのも、キャッシングなどの個人の金融情報は「個人信用情報機関」を照会しないと知ることは不可能だからです。

 

また、この個人信用情報機関への照会には、必ず本人の承諾が必要となります。

 

就職先の企業が本人の承諾なしに勝手に照会することは出来ません。

 

キャッシングをしているという事実が、仮に就職希望先の企業に知られたとしても、延滞や滞納がなければ特に問題もありません。

 

ただ、就職先が金融機関であれば、少しだけあなたのキャッシングの事実を参考にされるかもしれません。

 

例えば、あなたが就職を希望している金融機関からローンをしている場合などは、信用情報機関に問い合わせるまでもなく自社の顧客情報として参照することが可能となります。

 

ただ、この場合でも「延滞や遅延」などがなければ特に問題とされることは無いだろうと推測されます。

 

いずれにしても、あなたがキャッシングをしている事実を知られることはほぼ無いといえます。

 

キャッシングしている事実を訪ねてくれる面接官はいるのか?

 

上記の通り、就職希望先の企業およびその面接官が、あなたのキャッシング履歴を知るのは至難のワザとなります。

 

ほぼ知られることは無い為、仮に延滞や遅延の履歴があったとしても心配する必要はないでしょう。

 

実際に私の話で恐縮ですが、学生の頃にキャッシングを利用して返済中の身でありましたが、ありがたいことに内定は10社中7社頂きました。

 

キャッシングをしている、過去にしていたからと就活で後ろめたい気持ちになる必要はありません。

 

キャッシングの履歴はどこに保存されているのか?

 

キャッシングなどの金融活動の履歴は信用情報期間とよばれるところに保持されています。

 

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイーシー(CIC)
  • 全国銀行個人情報センター(KSC)

 

実際に、これらの情報機関はどんな情報が記録されているのでしょうか?

 

  • 氏名
  • 年齢
  • 郵便番号
  • 電話番号
  • 勤務先
  • 勤務先電話番号
  • 契約日
  • 契約の種類
  • 商品名
  • 支払い回数
  • 契約額
  • 残債額
  • 延滞
  • 保証履行
  • 破産
  • 延滞解消日
  • 年間請求予定額
  • など

 

信用情報機関の規約には、「本人の同意が無い場合は照会することができない」と定められています。

 

キャッシングをしている事実、過去にしていた事実を気にする学生さんは多いようですが、クレジットスコアと呼ばれるスコア的には過去にキャッシングの事実があるほうが高く評価される傾向にあります。

 

クレジットスコアとは、俗に信用偏差値と呼ばれるスコアです。

 

キャッシングをしてきちんと支払期限を守り、利用額を減らし、複数から借り入れをしすぎなかったり、こういった履歴を残せれば、むしろクレジットスコア的にはプラスとなります。

 

キャッシングやローンを新規で申し込む際には評価にプラスされる傾向があります。

 

逆に、キャッシングの返済を延滞したり、遅延したりしている過去があると、クレジットスコアはマイナスされてしまい、評価にマイナスされることとなります。

 

就活中にキャッシングするときの注意点とは?

 

学生さんで就活中の人が注意する点として、希望する就職先のサービスを使っている場合が挙げられます。

 

例えば、あなたがキャッシング会社への就職を希望される場合に、そのキャッシング会社のサービスを使って不義理を行っている場合…。

 

当然、会社は顧客情報を持っていますので、その情報を確認することもありえます。

 

もしも顧客として利用するあなたの情報がマイナスであれば、当然就活の審査基準としてもマイナスとなってしまうでしょう。

 

これは金融機関だけに限った話ではありません。

 

例えば、携帯ショップなどへの就職を希望される場合に、その会社の携帯を使っていて、しかも使用料を延滞している場合など…。

 

この場合にも、就職希望先の会社が必ず顧客情報を照会するとは限りませんが、もし見られればマイナス評価が下されるのは大いにあり得ることでしょう。

 

学生さんが就活中に注意すべき事は、その希望先の会社が提供しているサービスを利用しているか否か?

 

また、利用しているのであれば優良顧客か悪質顧客か否か?この点に注意しましょう。

 

アルバイトしてないけど内定が出たらキャッシングは可能なのか?

 

消費者金融というのは、貸金業法に基づいて運営がなされています。

 

貸金業法には、安定した収入があることが一つの条件となっているため、貸金業法を遵守する消費者金融は無職の主婦や学生に貸し付けを行うことが出来ません。

 

ただし、銀行系カードローンの場合には貸金業法の規制を受けません。

 

貸金業法といえば「総量規制」が思い浮かぶ人も中にはおられるかもしれませんが、まさしく安定した収入があるかどうかとは総量規制が影響しています。

 

総量規制:年収の3分の1以上の貸し付けを行ってはいけない、収入がない人への貸し付けを行ってはいけない法律

 

学生が消費者金融以外で即日キャッシングする方法とは?

 

学生が即日キャッシングを希望する場合には、消費者金融以外の方法として以下の3つが挙げられます。

 

  1. クレジットカードのキャッシング枠
  2. 質屋
  3. 番外編:学生ローン

 

もしもすでにクレジットカードをお持ちであれば、学生であろうとなかろうとキャッシング枠内での借り入れが可能となります。

 

ただし、クレジットカードを作った際にキャッシング枠が設定されているかどうかが鍵となります。

 

あなたがお持ちのクレジットカードにキャッシング枠があるかどうかは、カードを作った際の契約書の控えを確認するか、分からなければクレジットカード会社のカスタマーセンターに問い合わせてみて下さい。

 

他には質屋という方法もあります。

 

質屋にブランド品などの高価なものを持ち込めば、それを担保にして条件次第では即日キャッシングも可能です。

 

金融機関とは違い、安定した収入や20歳以上であるかどうかといった条件が無くなります。

 

預ける物品さえあれば、18才以上なら利用可能とする質屋が多くあります。

 

質屋の場合は、仮に期限までに返済ができなかったとしても、預けておいた物品が返ってこなくなるだけというシステムになっています。

 

仮に延滞したとしても、こういった理由から個人信用情報機関に記録され、ブラックリストとして登録される心配もありません。

 

近所にも増えてきたリサイクルショップなどに持って行って売るのもありですが、質屋であれば品物をまた戻してもらうことも可能です。

 

また、困ったときに繰り返し同じ品物でキャッシングを繰り返すことも可能といったメリットもあります。

 

最後の番外編として、学生の借金といえば「学生ローン」をイメージする人も多いことでしょう。

 

学生ローンは親の同意書なくローンが組めることで、学生の強い味方として知られています。

 

ただ、借り入れに毎回手間がかかるため、即日キャッシングとは程遠い存在となります。

 

一般的に言われる特徴として、提出書類が多く、利息も高い、限度額が低めなどが挙げられます。

 

学生がキャッシングをして親や友達にバレてしまう原因とは?

 

実家に電話や郵送物が届く

 

キャッシングの契約書や利用規約、あとはキャンペーンの情報などが郵送されてくることがあります。

 

学生の場合は親と同居されている場合が多く、こういった郵送物の郵送先として実家をしているケースが多くあります。

 

一人暮らしであれば、他に家族がいないため郵送物をチェックされるリスクは少ないでしょうが…。

 

郵送物を送ってほしくない場合には、契約の際にWEB完結といったサービスを選択することで可能となります。

 

大手のキャッシングサービスであれば、ほぼすべての会社で郵送物カットのサービスが提供されています。

 

また、郵送物だけでなく、電話が入るケースもあります。

 

ただし、これも自分の携帯を申告しておけば防げます。

 

また、最近の大手キャッシング会社だと、電話での本人確認や会社への在籍確認の電話をカットできるサービスも増えてきています。

 

電話や郵送物による家族や友達にバレてしまう失態は、知らないが故の失態であり、正しく対策をしていれば起こりえないものとなっています。

 

ただし、郵送物カットや電話カットのサービスを利用していても、あなたが滞納や延滞などの金融事故を起こしてしまうと話は別です。

 

こういった事態に合った場合には、問答無用で電話による催促や督促状が送られてきます。

 

場合によっては勤務先への通知も行われることがありますので、周りにバレるリスクが急激に上がるということも覚えておきましょう。

 

ローンカードを見られてしまう

 

これも意外と多い失態です。

 

財布にカードを入れて持ち歩く人が多いと思いますが、何かの拍子でローンカードを目撃されてしまうことがあります。

 

例えば、学校帰りに同級生とコンビニにより、支払いの時に財布のカードポケットから消費者金融の名前が見えるカードが見られてしまった…。

 

サークルで友人宅にて宅飲みをしているとき、置いていた財布が何かの拍子で開いてしまい、同じくカードポケットに入れていたローンカードが見られてしまった…。

 

キャッシングのローンカードがあれば、ATMから必要な時に借入が可能となりますので、いざという時の為に持ち歩いている人も多いでしょう。

 

しかし、こういった人バレのリスクを常に抱えていることも意識しておく必要があります。

 

最近では、アプリを使ったキャッシングも主流となってきており、ローンカードがなくてもスマホのアプリを使ってコンビニATMからお金を引き出すことも可能となっています。

 

WEBでキャッシングの審査を申し込み、審査に通過した後にアプリをダウンロードすれば、ローンカードを持つ必要なく学生でもキャッシングが可能となります。

 

自動契約機への出入りを見られてしまう

 

無人契約機の中では、申込から審査、カードの発行から現金の借り入れまで、すべての工程をこなすことが可能です。

 

ひと昔前までは、電話や郵送による申し込みか、あとは無人の契約機での申し込みが一般的でした。

 

ただし、無人契約機は実際に足を運ぶ必要があるため、店舗への出入りを知り合いに目撃されてしまうといったリスクがあります。

 

学生の場合、パチンコやパチスロが好きな人も多いかと思いますが、大手のキャッシング会社はその辺に店舗を構えているケースが多く、知り合いの行動範囲内にあるため目撃されるリスクが高くなります。

 

そのため、無人契約機を利用するのであれば、まずはWEBで申込を済ませてから足を運ぶほうが待ち時間も少なくてスムーズです。

 

  1. WEBで申込
  2. 必要書類を準備する
  3. 無人契約機で提出・審査・結果待ち
  4. 通過すれば、その場でATM出金

 

最もスムーズなのは、ウェブで申込を行い、ウェブ上で必要書類の提出を行い、審査に通過すれば振り込みをしてもらうか、コンビニATMでアプリを使って現金を引き出す、こういった流れであれば人バレするリスクは限りなくゼロと言えるでしょう。

 

  1. WEBで申込
  2. WEBで必要書類の提出
  3. 審査待ち・通過
  4. アプリをダウンロード
  5. アプリ上で振込もしくはコンビニATMで出金

 

【体験談】キャッシングで失敗した人と上手に活用した人の違いとは?

 

【失敗談】学生でキャッシング癖がついて借金地獄に…

 

反対にキャッシングをすることによって、マイナスになってしまうケースもあります。

 

ある学生は昼間アルバイトをしていて、夜に大学に通っていました。

 

しかし、生活費と学費が足りなくなりキャッシングサービスを利用することにします。

 

学生のため限度額は低めに設定されており、最初は数万円程度の借り入れしかしていませんでした。

 

返済は毎月5000円ずつの設定にしたそうです。

 

どんなに借入をしても返済が毎月5000円なので、負担を感じずに利用していました。

 

返済の負担を感じないため、だんだんと簡単に借入をするようになっていきます。

 

家賃や学費のために借り入れたお金を使うのではなく、友達との飲み会やパチンコをするために使うようになっていきました。

 

ATMからカードを使ってお金を引き出しているので、あたかも自分の口座から現金を引き出している感覚になってしまったのです。

 

借入がクセになってしまうと、あっという間に限度額に達してしまいました。

 

すぐに業者に掛け合うと、限度額を増額してくれます。

 

今までの限度額の倍にまで上がったため、安心してさらに借入を進めていきます。毎月の返済額も、それに合わせて10000円に上げました。

 

その頃になると、今の借金の元金がいくらになっているかなどは考えないようになります。

 

いつも気にするのは、限度額までにいくらの余裕が出来たかどうかです。

 

毎月の返済が終わると、すぐに限度額をチェックし、少しでも空きが出来るとその分を借り入れるようになっていました。

 

結果として借金の元金は増え続け、毎月の返済は利息を支払っている状態になってしまいます。

 

そのことに気がついてからは、借入額を減らし、可能なときには返済額を増やしていきました。

 

大学を卒業して1年ほどしてやっと完済出来たそうです。

 

キャッシングをするときに注意すべきなのは、返済を早めにすることです。

 

毎月の返済額を少なめに設定しても、余裕があるときには多めに返済し、できるだけ早く完済するようにしましょう。

 

簡単に借りられるからと言って、理由もないのにキャッシングしないように気をつけてください。

 

【体験談】学生の時にキャッシングして貴重な体験ができた

 

学生がキャッシングをするとどんな良いことがあるでしょうか。

 

例えば学生の時にしか出来ないことを体験できます。

 

社会人になってしまったら休暇を取るのも大変ですし、仕事の責任も増えるので気軽に遠くに行くことが出来ません。

 

学生のうちなら遠くに旅行に行ったり、サークル仲間と休暇を使って色々なことを試したり出来ます。

 

ある学生は、山登りのサークルで仲間たちと合宿に行く計画を立てていました。

 

学生生活の最後の合宿になるため、遠くへ行く予定でした。

 

しかしそれだけ期間も長くなり、費用も高くなります。

 

自分の貯金だけでは合宿費用をまかなえない状態です。

 

お金が足りないからと言って、学生活最後の合宿をキャンセルしたく無いとも考えていました。

 

もちろんアルバイトはしていまいましたが、それだけではまかなえない金額だったのです。

 

親にお金を借りることも考えたものの、サークルのための費用を出してもらうのは心苦しいと感じます。

 

そんなときに、キャッシングでお金を借りる方法があることを知ります。

 

しかも初めての利用なら30日間は利息が無料になるというのです。

 

実際に申し込んでみると、簡単に現金を借りることができました。

 

早速合宿に申し込み、学生生活最後の山登りをとことん楽しみました。

 

仲間たちと大いに語り合い、良い思い出を作れました。お金が足りないだけで合宿をキャンセルしなくて良かったと感じたようです。

 

キャッシングしたお金は30日以内に返したため、利息は一切かからずお得だと感じました。

 

この具体例から学生がキャッシングすると、どんな良いことがあると思われますか。

 

  • 仲間との絆を強められる
  • 学生時代の思い出を作れる

 

大学時代の仲間は、これからもずっと付き合い続ける親友となることがあります。

 

費用を工面して合宿を共にすることにより、友情を強められます。

 

社会に出てからでは経験できないような思い出を作ることも可能です。

 

目的がはっきりとしたキャッシングなら、借金がクセになることもないので安心です。

 

利用目的がはっきりしていると借入期間は短くなる傾向にあります。

 

返済日も忘れないので延滞リスクもありません。

 

まとめ

 

使用目的がはっきりしている学生が生活費のためにキャッシングすると,返済をきちんとしていけます。

 

返済を守って利用する分には、就活でマイナスになったり、社会人としてマイナスになったりすることはありません。

 

だらだらと癖になってキャッシングを利用していると、返済期間が長引き、完済までに大変な労力を要します。

 

利用するのであれば、当ページでご紹介した知識をしっかりと持った上で、賢く正しく利用するようにしましょう。

 

学生だから多少は許されるだろうといった甘い考えは通用しません。

 

返済や延滞を行えば、信用情報にも傷がつきますし、最悪の場合には法的な制裁を受けることにもなりえます。

 

もしもあなたが学生で、返済の目途が立つ状態での借入希望者であり、即日にでもキャッシングを利用したいとお考えであれば、今すぐ以下の大手キャッシングサービスを確認してください。

 

学生キャッシング

このページの先頭へ戻る